~和歌山在住アラサー夫婦サイドFIRE目指してます~

【AirPods Pro修理プログラム】体験レポート!新品に無料交換してもらった!

〇〇のすゝめサービス

どうも、おにさです。

AirPods Proを使っている方!Apple製品との連携が抜群で便利ですよね。おにさも愛用している一品です。

ところで、AirPods Pro使用中に変な音が聞こえたり、ノイズキャンセリングの効きが悪くなったりしたことありませんか?それ、もしかしたら初期不良により無償交換してもらえるかもしれません!

Apple公式が「AirPods Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム」と称して対象となるAirPods Proの無償交換を実施しています。

この記事ではAirPods Proの無償交換の対象や、私が実際に無償交換してもらえた話を解説していきます。

おにさ
おにさ

AirPods Proの使用中に違和感を感じている方、「もう寿命かな、、、」と諦めず、一度みてもらいましょう。

スポンサーリンク

AirPods Pro修理サービスプログラムの概要

この修理プログラムは2020年10月より前に製造されたAirPods Proに、「音に関する異常が発生する可能性がある初期不良が確認された」というものです。

症状

公式サイトによると以下のような症状が確認されています。

  • AirPods Proから異音(「パチパチ」という音など)がして、周囲の騒音が大きい時、運動中、または通話中にそれが大きくなる。
  • アクティブノイズキャンセリングが正常に機能しない。たとえば、低音が欠落したり、背景音(街頭や飛行機の騒音等)が大きくなるなど。

交換対象

交換対象は2020年10月より前に製造されたAirPods Pro(第1世代)で、かつ最初の小売販売日から3年以内のものになります。

つまり、2023年10月以降に修理に持っていっても対象外になる可能性が高いです。対象になるかどうか瀬戸際の人は持っていって確認してもらいましょう。

おにさ
おにさ

上記条件を満たしていても、診断してもらって「異常なし」ならもちろん対象外ですよ。

注意

交換対象になるのはAirPods Proのイヤホン部分(耳につけるやつ)だけです。充電ケースは対象になりませんので注意しましょう。

修理を受けるには?

修理サービスを受けるには以下の方法があります。

  • Apple正規サービスプロバイダに持ち込み
  • Apple直営店に持ち込み
  • Appleサポートに電話→郵送で対応

電話での修理は郵送での対応になるので、帰ってくるまで数週間かかることもあります。その間はAirPods Proが使えなくなるので、直営店か正規サービスプロバイダに持ち込むのがおすすめです。

Apple直営店や正規サービスプロバイダの修理窓口はかなり混雑しますので、店舗に持ち込む場合は以下のサイトから事前に予約するようにしましょう。

AirPods Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム - Apple サポート
AirPods Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム

体験レポート

自分のAirPods Proの症状

この修理プログラムを知ったとき、実際に私が使用していたAirPods Proにも音に関して違和感がありました。

症状としては、ノイズキャンセリング使用時に歩く振動に合わせてポツポツという音が聞こえたり、外部音取り込み使用時にドアのキィーッという甲高い音に反応して空調などの背景音が異様に大きくなる、などでした。

このAirPods Proを購入したのが2020年3月頃であり、上記の対象になるので一度診てもらおうと近所の正規サービスプロバイダを予約しました。

当日の流れ

予約した日時に受付をしてから待つこと数分、担当のスタッフさんにカウンターへ案内されました。

上記の症状を伝えると「こちらの修理プログラムをご覧になったんですね。」とスタッフの方も慣れたような感じでした。

「診断のために一度預からせていただきます」などの説明を受けたのですが、その中で少し気になる説明がありました。

新品のイヤホンを元々使用していた充電ケースと接続しての交換になるのですが、その後まれにiPhoneとペアリングがうまくいかなくなることがあり、もしそうなってしまった場合は充電ケースは有償(14,000円)での交換になるそうです。

おそらく相性の問題なのでしょうか。確率としては高くはないと思うのですが「無償交換してもらえると思っていたのにお金がかかった!」となるとショックですので、心の片隅に置いておきましょう。

ちなみに、電話での修理サポートならペアリング不可の状態になってしまっても、新品のイヤホンは返還して古いイヤホンのまま使い続けるという選択肢もとれるようです。

店舗での修理サポートの場合は、壊れたままでお客様に商品をお返しするわけにはいかないので、、、とのことでした。

電話対応はめんどうだったので、私はそのまま店舗で診断・修理を受けることにしました。

診断結果「異常あり」

診断の結果は「異常あり」、診断は数分で終わりました。

修理・交換には30分ほどかかるとのことだったので、ふらふらと時間を潰してから修理完了したAirPods Proを受け取りに行きました。

新しくなったAirPods Proを受け取り動作確認をします。(ここでペアリングできなかったら14,000円だぞ、、、)と思いながら、自分のiPhoneをペアリング。

結果、問題なし。晴れて私のAirPods Proは新品に生まれ変わりました(イヤホン部分のみ)。イヤーチップも新品のものが3サイズ付いてきました。

おにさ
おにさ

2年くらい使っていたので、そろそろバッテリーもへたってくる頃かなーと思っていたのでラッキーしました。

まとめ

今回は、AirPods Proの音の問題に関する修理プログラムについて解説しました。情報をまとめておきます。

<対象>
・2020年10月以前に製造されたAirPods Pro(第1世代)
・最初の小売販売日から3年以内のもの

<修理サービス手続き>
・Apple正規サービスプロバイダに持ち込み
・Apple直営店に持ち込み
・Appleサポートに電話→郵送
店舗に持ち込む場合は予約することを推奨

<注意点>
・交換対象になるのはイヤホン部分のみ。充電ケースは対象外。
・ペアリング不可になった場合は、充電ケースを有償(14,000円)で交換。

ではっ!ばいばいっ!ノシ

コメント

error:当ブログでは右クリック禁止です。ゴメンネ
タイトルとURLをコピーしました